【急募!】エビとカニの水族館こども研究員!

2021年に突入し早一ヶ月以上が過ぎました。未だウイルスは世に蔓延り人々の生活を制限し続けています。

和歌山県も感染者数が少ないとはいえ例外ではありません。
お子様方も外に出たり友達と遊んだりといったことが難しいのが現状ではないでしょうか。

そこでエビとカニの水族館では「おうちで研究員」と題し、おうちで生き物を育てる企画をスタートします。

今回の募集定員は3名!(1世帯1名まで、レクチャーのみの参加は定員なし)

第一弾の今回は「アメリカカブトガニ」です。

以前から展示していたカブトガニですが、昨年2月には当館初となる幼生が孵化しました。今回はそんな一歳のバースデーを迎えた彼らを、こども研究員の皆さんと一緒に育てていきたいと考えています。

おうちでカブトガニを育ててみませんか?

【募集要項】

まずはレクチャーを受けましょう。

3月20日(土・祝)のお昼過ぎから飼育員がカブトガニに関するレクチャーを行いますので、まずはカブトガニをもっと深く知りましょう。疑問・質問大歓迎!ここで連れ帰ったカブトガニを育て、観察する中で気付いたことや気になることはどんどん報告してください。

おうち時間が増えているこんなときだからこそ、自然界で逞しく暮らす生き物に触れ合う時間を作ることができればと思います。一般の方であれば間近で見ることも滅多にないカブトガニ。この機会にじっくり観察してみてはいかがでしょうか。募集要項は下記の通りです。

〈企画概要〉カブトガニのレクチャー及びご自宅での育成
(カブトガニという生き物の基礎から飼育法まで広くレクチャーします)
〈日時〉3月20日14時半~16時頃まで(終了時間は前後する可能性があります)
〈場所〉学習館(水族館併設)
〈募集人数〉3名(超えた場合抽選となります) ※一家族につき一名まで
〈締め切り〉3月7日(日)まで
〈応募条件〉
・和歌山県在住の小学生~高校生
情勢を考慮し今回は県内のみの募集とさせていただきます。
・飼育環境が整えられること
幼生は指先程度の大きさなので小さい水槽でも問題ありませんが成体は50㎝を超えるので後々大きな水槽が必要になります。その他水を循環させるフィルターやエアポンプ、冬場はヒーターも必要です。また海の生き物なので海水が欠かせません。
・最後まで責任を持って飼育できること
カブトガニに限らず生き物を元々いなかった場所に逃がすようなことは絶対にやめてください(今回飼育していただくのは日本に生息していない種のカブトガニです)。またカブトガニは20年以上生きる寿命の長い生き物です。ご家族含めその点もご理解いただいた上でご応募ください。

〈その他〉
・基本的にこちらから連絡を定期的に行う予定はありませんが報告や質問はいつでもお待ちしております。
・研究員の抽選に外れても3月20日(土)のレクチャーはご自由にご参加いただけます。
〈応募方法〉下記フォームから各項目ご記入の上お申込みください

エビとカニの水族館こども研究員応募フォーム

「第一弾」ということは第二弾があるかも…?ご期待ください!